診療科長挨拶

  滋賀医科大学医学部附属病院形成外科は平成28年10月に独立した診療科として開設されました。

  現在、国立あるいは私立大学病院にて形成外科が設置されていない都道府県はほとんどありません。ところが滋賀県内の唯一の大学病院である滋賀医科大学は形成外科を標榜しておらず、滋賀県は長らく形成外科医過疎地状態と呼べる状況でした。そのため、唇顎口蓋裂を代表とする先天異常疾患の方は多くの場合は他県で治療を受けている状況でした。また、再建を希望する方にも十分満足のいく医療を提供できなかったこともあったかもしれません。

  この度塩田浩平学長から、滋賀医科大学病院にて形成外科設立を拝命し、当大学が掲げる「滋賀県に住む方々に、本大学病院であらゆる医療を提供する」という目標を達成するため形成外科の診療を開始しました。

  当科設立により、滋賀県在住の形成外科的疾患でお困りの方々に質の高い医療を届けられますよう、誠心誠意尽くしたく思っております。どうかよろしくお願い申し上げます。

滋賀医科大学医学部附属病院形成外科特任教授
鈴木義久